足と手のポーズ2

pose44
英名:Standing Forward Bend
サンスクリット名:Uttanasana
(ウッターナ・アーサナ)

やり方

1.両足をそろえて立ったら、胸の前で合掌して肩の力を抜いてリラックス。呼吸をととのえておきます。

2.息を吸いながら、両腕を上に伸ばして、万歳をするように上体を軽く反らせ、天井方向を見ます。

3.今度は息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま股関節からゆっくり上体を前に倒していきましょう。

4.お腹と太ももをぴったりとつっつけるように、体を2つ折りにしたら、ヒザの後ろ辺りで前腕をクロスしてひじを掴みます。足の裏に全体重をバランスよく乗せるように。

5.そのままゆったり呼吸をしながら、息を吸う時に体を伸ばし、吐く時に少しずつ前屈を深めます。

ポイント

・腰を丸めすぎると、腰痛や立ちくらみの原因になるので要注意
・立ちくらみのする時は行わないようにしましょう
・お腹と太ももがぴったりとくっつける時は膝を曲げても構いません
・前屈をしたら、首の付け根から力を抜いて頭もリラックスさせます

効果

・ストレスや落ち込みの解消
・消化促進
・ヒップや脚の引き締め
・股関節の柔軟性アップ
・更年期の諸症状緩和
・坐骨神経痛の緩和
・眼精疲労
・不眠

ヨガポーズ一覧に戻る