背中を伸ばすポーズ

pose37
英名:Seated Forward Bend
サンスクリット名:Paschimottanasana
(パシュチモターナ・アーサナ)

やり方

1.両足を前に伸ばして、爪先を天井に向けます。脚の裏全体を伸ばすように座り、足の親指を手の指で握ります。

2.息を吸いながら、背筋を伸ばして肩の力も抜いたら、胸を開きます。

3.つづいて息を吐きながら、銅体をまっすぐ伸ばし前に倒します。
骨盤から前に倒して、ヒザが開いたり、曲がったりしないように気をつけます。

4.息を吸うときに伸びて、吐く時に前へ倒るように、呼吸と連動させながら続けます。

5.息を吸って、上体をゆっくり戻します。最後に足の指を掴んでいた手を離してリラックス。

ポイント

・足の指がつかめない場合は、届くところに手を置いたり、ベルトを使って補助をしましょう
・骨盤が後ろへ逃げる時は、ブロックやブランケットに座って行います
・呼吸を止めてしまいがちなので、できるだけ肋骨を広げるように
・腰や膝裏が痛まない範囲で前屈します

効果

・背中やお腹の引き締め
・足腰の疲労回復
・体背面のストレッチ
・坐骨神経痛の緩和
・自律神経の不調
・不眠症

ヨガポーズ一覧に戻る